HOME のしたのニュースリリース のしたの汚染焼却飛灰の除染処理 飛灰除染プロジェクトに参画



汚染焼却飛灰の除染処理 飛灰除染プロジェクトに参画

放射能に汚染された地域の復興を支援するため、有志の企業・大学で構成される飛灰除染プロジェクトに参画しています。 プロジェクトの目的や成果などは、三菱製紙株式会社のサイトをご参照ください。

汚染焼却飛灰の除染処理、南相馬にて実証試験を終了

2012年12月14日 福島県南相馬市にて、汚染焼却飛灰の除染処理の実証試験を終了しました。

日経産業新聞に掲載されました

2012年12月14日 日経産業新聞 「放射能汚染灰 体積1/50 処理場向け 管理システム開発」

(以下、抜粋)

「三菱製紙などの企業グループが、東北などの産業廃棄物処理場にたまり続けている放射性セシウムの管理システムを開発した。焼却した後の灰に含まれるセシウムを独自技術で取り出す。 焼却灰をそのまま管理する現在の方法に比べ、管理物の体積を50分の1に圧縮できる。」